NUMBER OF VIEWERS
* BELOVED LUKE *
PROFILE
sponsored links
smtwtfs
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
WEATHER
Click for Tokyo, Japan Forecast
MOBILE
qrcode
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
SEARCH THIS SITE

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -

ルークの百箇日

緑のもみじ
今日は雨の中、ルータンの百箇日の法事のため、ルータンのお墓がある
慈恵院に行ってきました。

もう100日か・・・早いなぁ。
でも、「早い」と思うということは、大分癒えたということなのかしら。
そうなのかな。どうなのかな。そうなのかな子供

塔婆さて、百箇日について今日お坊さんに
教わったこと。

百箇日とは、故人が他界して
百日目の供養の日のことを言います。

また、故人を失った悲しみから
立ち直る(卒業する)日という意味で、
卒哭忌(そっこくき)とも言われています見る

立ち直る日かぁ・・・汗
今日は塔婆もちゃんと作ってもらって、お経も上げてもらって、
人間の百箇日と同じスタイルでお参りを済ませてきたのだけど・・・ 

でも、なんだかまだその辺にいるような気がして、正直不思議な気分。
目を閉じなくても目の前に浮かんでくるというか・・・
「心の中で生きている」ってこういうことなんだろうな植物


そういえば今日もこの間見かけた猫ちゃんを発見。
名前は「ミッキー」っていうんだってペン

ミッキー
なでてあげたらそのままついて来て、しばらく近くにいてかわいかった〜楽しい

トコトコついてきたと思ったら・・・
雨降り

足あとが!
あしあと
愛らしい〜(笑)
また近々遊びに来るから待っててね〜花

家に帰ったらPCのキーボードの上にルータンの毛が一本落ちてました。
嬉しびっくり!どこから出てきたのかしら。遊びにきたのかなー楽しい

at 16:14, yajico, luke

comments(0), trackbacks(0)

ルータン

DSC03627

久しぶりのルータン。
最近夢に出てきてくれなくなっちゃった。
さわりたいよーーー

最近このページを見て和んでいる今日この頃植物

at 07:30, yajico, luke

comments(0), trackbacks(0)

お墓参り


今日は梅の花が咲く中、ルータンのお墓参りに行ってきました。

でも、なんとママが先日飾ったお花とあまりにもテイストの違う
骨壷カバーを作って持って行き・・・早速かぶせていたので大ブーイング!!
ひどい・・・冷や汗

かわいいルータンのお墓がおばちゃんっぽくなっちゃったので今回は撮影はせず。
ぐぬう。近々新しいの持っていかなくちゃ。


そういえば私たちの近くに、うちよりも早くなくなったらしいペットの
お墓参りをしていた家族がいたのだけど・・・
みんな泣きじゃくってボロボロになっちゃってて大変だった悲しい
うちの家族もペットロスになるんじゃないかって一時期怖かったけど、
なんで大丈夫だったんだろう。不思議。


今日はペット霊園で2匹の猫ちゃんに会いました。

小デブと

大デブ


やっだーショック

二人とも正面から見た顔もサイコーで、和ませてくれました。


三毛ちゃんの方は鼻毛ボー、ヒゲボー!といった感じでホントサイコー。
見れば見るほど味があるというか・・・

そうそう。二人とも霊園に捨てられていたんだって。
だけどとても人懐っこくて、しばらく一緒に遊んで(もらって)ました植物
かわいかった!
また遊びに行くからね〜楽しい

at 15:02, yajico, luke

comments(0), trackbacks(0)

ルータン三十五日


今日はルークの四十九日ならぬ、三十五日ですカレンダー

三十五日は閻魔様の審判の日とのことで、四十九日に並んでとても重要な日なんですって見る

  ルークが天国にいけますように。
  閻魔様、どうぞよろしくお願いいたします。


よかったら皆さんも一緒にお祈りしてください植物
今日は仕事で休めなかったので、お墓参りには明日行ってきまーす。

ルータン待っててね〜晴れ

at 08:16, yajico, luke

comments(0), trackbacks(0)

real? or fake?

今日は朝起きてリビングに行ったらママタンが踊ってました。

私に気付くと、ピース チョキ しながら、「おはよラブ」とポーズ。


  ママタン・・・悲しい


なぜこんなに機嫌が良いのかというと、昨日の夜、いいものをあげたから。


それはコレ。


本物みたいに見えるでしょ〜?

でもこれ、実はバッグなのです。


仕事の関係で去年サンプル用に作ってアメリカから取り寄せたバッグなのだけど、
持って帰っていいよと言われたのでもらってきちゃいました楽しい

ルータンのサイズが原寸大になっているので、すごくリアル。
その辺に置いておいたまま忘れてしばらくしてふと目に入ると、

  「えっ!?ルータン!?」状態びっくり

ママタンは「本物みたい〜」って泣くわ笑うわ大変だったのだけど、
最終的にはとても気に入ったみたい(笑)

今朝踊っていたときもこのバッグを持ちながら踊っていたのでした。
アハハハハ!

-----
今日の帰りの電車は、前に記事に書いた車掌さんに当たりましたでんしゃ
相変わらず微妙・・・

at 23:19, yajico, luke

comments(2), trackbacks(0)

初七日のイベント


今日は素晴らしき快晴晴れ
そして立春。昨日で冬のピークが終わったことに。
これから春に向かって暖かくなるのね〜桜

そうそう、ルータンの夢も無事見ることができました。今度はちゃんと全身で(笑)

昨日はルータンの初七日だったので、今日は家族全員でルータンのお墓へ行って、
お墓をきれいに飾ってあげることに。

スペースがとても小さいので、そこに収まる小さなものを探すのが結構
大変だったのだけど、なんとか色々見つかったのでワクワクしながら出発自動車

みんなで飾りつけをすること約10分。こんな風に仕上がりました楽しい

負けず嫌いなyajico家。

他のペットちゃんたちのお墓の飾りつけには造花が多い中、
ルータンには一歩進んだプリザーブドフラワーを手配花
写真立ての中の写真も2枚コラージュしたもの。

そして獣医さんからもらった、いつも食べていたキャットフードが入った
試供品の小さなパックとホカロン(笑)

  完璧〜〜〜!!

すっごく自画自賛しまくりだったけど、きれいに仕上がって良かった拍手
次なるミッションは骨壷入れの製作なのです。
果たしてうまくいくか!?


しばらくお参りをした後は、合同供養塔の方へ。
ここには私が幼稚園の頃に亡くなった愛犬ジュジュが納められています犬
ジュジュはパパが床屋さんでもらってきた柴犬で、当時は庭が広かったので
よく追いかけっこをしたりジャレたりして遊んで(もらって)ました。


ジュジュが死んじゃった時も悲しくて仕方がなかったけれど、
思えば私が生まれて初めて面した「死」はジュジュのものだったな。
でも・・・幼稚園児なのにどうやって「死ぬ」ということを理解したんだろう見る
こんなとき、両親のすごさを強く感じる。

それにしても、あの頃はしょっちゅうジュジュに手紙を書いて、窓の横に
置いたりお墓まで置きに行ったりしたのに・・・メールピンク
ずっと来てあげられなくてごめんね〜ショック


途中、先日ルークの火葬の時にお経をあげてくださったお坊さんと
バッタリ会いました。私たち家族のことを覚えていてくださったみたいで、
アッというような顔をしたあと、ステキな笑顔を見せてくださいました。
ここの霊園にして良かった植物


今日も帰りは先週寄ったイタリアンのお店へ〜


ランチのセットメニューもすごく安いのにおいしかった星

次回はいつ来られるかな。
今日も夢でルータンに会えますように〜(今日は触われますように〜)植物

at 17:11, yajico, luke

comments(0), trackbacks(0)

中陰の法要


今日はルータンの初七日です。
ママタンがさくらさんにおもらったお花を、出窓の写真コーナーに飾ってくれました。

そこにはルータンの火葬のときに周りに飾ってあげたお花の一部
(つぼみだったものをよけていたの)が飾ってあるのだけど、

ママタンがそれを見ていたら、お花がツイーっと動いて、ママタンの方に
向いたのだそうです花

ルータンが遊びにきていたのかな楽しい

-----
さて、そうそう、初七日について。

「初七日」とか「四十九日」とか言うけれど、先日お寺でもらった用紙に、
ルータンの「初七日」「三七日」「三十五日」「四十九日」の日が記されていました。

  「三七日」?「三十五日」?

恥ずかしながら、まったくその存在を知らなかったので調べてみることに。

滝田商店さんのサイトに分かりやすく載っていたので引用します☆

仏教では、人が受胎した瞬間を「生有(しょうう)」、生きている間を
「本有(ほんう)」、死の瞬間を「死有(しう)」と呼び、亡くなって次の世界に
生まれるまでの四十九日間を「中陰(ちゅういん)」とか「中有(ちゅうう)」と
呼んでいます。

この四十九日の間に来世の行き先が決まる、とされています。
来世とは、地獄、餓鬼、畜生、修羅、人間、天の六道のことです。
仏教には輪廻転生(りんねてんしょう)という考え方があり、日本ではこの中陰の
考え方は仏教習俗として定着しました。

中陰の法要は、四十九日の間、初七日(しょなのか)、二七日(ふたなのか)、
三七日(みなのか)、四七日(よなのか)、五七日(いつなのか)(三十五日)、
六七日(むなのか)、七七日(なななのか)(四十九日)というように、
亡くなった命日から数えて七日目ごとに故人を供養します。

これは死者が冥途にいくと、七日ごとに閻魔大王を筆頭にした十王によって
審判が行われるという考えからきています。この審判の日に遺族が供養する
ことによって、その善行を積み重ねた追善(ついぜん)が、故人にも及ぶと
考えられています。ですから故人が極楽浄土に行けるように、という願いを
込めて七日ごとに法要を行うのです。

中でも、三十五日と四十九日が大事な日らしくて、その理由が、

 ・三十五日は閻魔大王が審判を行う日
 ・四十九日は故人の行き先が決定する日

だからなのだそう。

喪が明けるのは、この四十九日が終わってからなんですってー見る

-----
あと、数珠についてもずっと疑問だったのだけど、同じくこのサイトで
教えてもらえました。

数珠の108個の珠は人間の煩悩の数を表して
いるというけれど、この数珠の珠をつまぐって
念仏する事で、煩悩によって乱れる心が
救われるのだそう見る

珠の中をつらぬいている糸は、丁度仏の心を
我々の心の中に通しているわけで、それを円く
輪にしてあるのは、心が円く、すなおになる事を
意味しているとのこと。

数珠は仏様を心を通わせるための法具。だから法事には必ず持っていくのねひらめき
また、数珠には如意宝珠のような除災招福の神力があるとされ、持っているだけで
平穏や安らぎを得られたり、魔除けになったりするのだそう見る


ルータンのおかげで勉強になりました学校
ルータンが天国に行けるように祈らなくちゃ!

at 23:10, yajico, luke

comments(0), trackbacks(0)